トップページ
講座について
教育活動
研究活動
スタッフ
トップページ > 研究活動
研究活動
公衆衛生看護学は、地域/コミュニティレベルの健康を組織的に向上させるための実践の学問です。在宅療養支援も含めて、医療・福祉・教育・産業など、人々のくらしに関わるあらゆる分野との連携や協働、ひいてはそれらを統合して取り組む学際的で複合的な学問領域です。教育や研究活動を通じて、産学連携ならぬ社会との連携、すなわち社学連携にも大いに関心をもっています。
本学での研究活動に関心がある方や、現場で課題を抱えておられる方は、お気軽に研究会へご参加、お問い合わせ下さい。

過去の修士論文のテーマ

  • 病棟から在宅へ働く場を移した看護師の新たな役割の認識
  • 性成熟期女性のヘルスリテラシー尺度の開発
  • 起業する保健師たちの活動から新しい保健師像を考察する
  • 離島に居住する独居高齢者の“生活の術“

定例研究会

  • 毎月第4土曜日午前10~12時
  • 予定についての詳細はこちら
    見学や参加を希望される方はお問い合わせください。