トップページ
教育活動
研究活動
業績
スタッフ
トップページ > 研究活動
研究活動
公衆衛生看護学は、地域/コミュニティレベルの健康を組織的に向上させるための実践の学問です。在宅療養支援も含めて、医療・福祉・教育・産業など、人々のくらしに関わるあらゆる分野との連携や協働、ひいてはそれらを統合して取り組む学際的で複合的な学問領域です。教育や研究活動を通じて、社学連携の推進にも力をいれています。

定例研究会(月に2回程度開催)

  • 当講座の定例研究会は開かれた場としてご参加いただくことが可能です。講座の研究活動に関心がある方や、現場で課題を抱えておられる方は、お気軽にお問合せいただき、是非ご参加ください。
  • 定例研究会の開催予定についての詳細はこちら

【受託研究】健康しが県民意識調査

  • 2018年には、滋賀県からの受託研究事業として、寿命及び健康寿命が長い滋賀県民の健康意識を調査するため、インタビュー調査を実施しました。

  • 研究の結果として、男性の場合は、健診結果などのデータを主体的に判断しながら、やりたいことが実現できているかを、女性は、育児、家事、仕事など自身の役割を「いつもどおり」果たせているか、人との関わりがうまく取れるかを健康感の基準とする傾向があることがわかりました。

  • 成果物として、報告書と啓発用パンフレットを作成しています。
    詳細は滋賀県のホームページもご覧ください。
報告書 パンフレット

高齢期に想定されるリスクを考え、“幸せな人生”のあり方をアップデートするためのリスク対応能力涵養のためのアナログゲーム開発事業

  • 日本では、平均寿命の延伸に伴い高齢期が長期化しており、医療や介護、看取り、遺産相続等多くのライフイベントに対して、自身のことだけでなく、老親や配偶者の人生の意思決定する必要があります。

  • しかし実際に高齢期のリスクを知り、学ぶ機会は少ないのが現状です。本事業では、高齢期のリスクを考え、“幸せな人生”のあり方をアップデートすることを目的としたアナログゲームを開発し、一般市民が少人数のグループで行うアナログゲームへの参加を通じて、高齢期のリスクに関する知識と、意思決定を行うための力量形成を目的とした介入研究を行っています。

  • 平成30年度は、UDCBK社会実験事前調査事業の受託事業費にて、プロトタイプの開発を行い、草津市民(滋賀県)を対象とした市民公開講座を開催しました。

  • 本事業は、宝塚大学東京メディア芸術学部の渡邉 哲意先生、石川 雄仁先生と共同で行っています。また、ゲーム開発にあたってご助言いただきました、永田宏和理事(NPO法人プラスアーツ)、井上明人先生(立命館大学)、同志社大学ボード研究会の皆様には心より感謝申し上げます。
チラシ ゲーム

自然言語処理を用いた医療情報ニーズの探索的研究

  • インターネット上で健康情報を集める人が増加している趨勢において、どのような健康情報をユーザーが探しているのか(User-Orientedなヘルスニーズ)を明らかにすることは、情報提供を行う専門職として重要であると考えています。

  • 本事業は、Yahoo!株式会社及び医療情報の自然言語処理分析に造詣の深い、奈良先端科学技術大学院大学ソーシャル・コンピューティング研究室との共同研究です。

tiwaki

人工知能(AI)による褥瘡画像診断モデルの構築

  • 褥瘡とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。(出典:一般社団法人日本褥瘡学会)

  • 要介護者のQOLの向上、介護者の負担軽減、地域で働く医療・介護職の支援ツールとして、褥瘡の画像データを機械学習することで、画像から褥瘡の早期発見する人工知能(AI)のモデル構築を目指しています。

  • 本事業は、2018年度「関西アーバン共同研究助成金」の助成をうけ実施している、画像認識に特化した人工知能開発企業である株式会社tiwakiとの共同研究です。
  • 2018年度「関西アーバン共同研究助成金」に関するプレスリリース
tiwaki

血友病患者の遺族調査

  • Coming soon...


過去の修士論文のテーマ

  • 訪問看護師と言語聴覚士の役割実践と他職種連携に関する質的研究
    -在宅療養者の『食べたい』希望に応えるということ-
  • 乳幼児の医療機関受診行動における保護者の不安と就労との関連