トップページ
教育活動
研究活動
業績
スタッフ
トップページ > 教育活動
教育活動

保健師課程(学部教育)について

保健師とは、コミュニティ全体の健康及び生活の質(Quality of Life)の向上を目指した公衆衛生活動を行う専門職です。
主な活動の場所は、1)都道府県や市町村の保健所・保健センター、2)企業や事業所の健康管理部門・健康保険組合、3)地域包括支援センター(市町村が設置)です。
保健師が担う健康課題には、生活習慣病の発症予防や重症化予防、介護予防、児童虐待予防と育児支援、感染症対策、難病・精神疾患患者の支援、健康格差の是正などがあります。こうした課題は、経済成長や国際化、人口の高齢化、地域社会の脆弱化、家族機能の弱体化など時代や社会環境とのかかわりが深く、複雑化しています。そのため、保健師は当事者やその家族だけでなく、グループや組織、地域全体を対象とした保健衛生活動を行っています。
保健師課程(選択制:30名)は、時代や地域社会が求める保健活動を学習し、人々の健康で文化的な生活を営む権利を保障するために、保健師の社会的意義や活動の可能性を理解し、主体的な公衆衛生看護活動を行うために必要な能力を有し、地域社会及び地域住民を守ることができる保健師を養成します。
教育内容としては、根拠に基づいた公衆衛生看護活動を実践できるようデータ分析や事例検討によって基本的なチカラを養うプログラムや学習環境の整備に努めています。
保健師国家試験受験資格を修得するためには、本学の通常の卒業要件に加え、保健師課程(3年次開講)の所定の科目履修であり、定員は30人(編入生も含む)です。第3年次に、選択希望者に対して、選抜を行います。
選抜スライド

訪問看護師コースについて

滋賀医科大学では、訪問看護師の育成を基盤とし、地域で活躍できる実践力を身につけた看護職を輩出することを目標に、地域の課題に応え、地域包括ケアシステムを推進する看護活動についても学ぶことができるよう「訪問看護師コース」を設けています。
学部学生への教育の試みとしては日本初で、平成27年度より10名を定員に教育を開始しました。この教育プログラムは、学内外の様々な職種の専門家による講義や演習、ならびに附属病院の患者支援センター・県内の診療所・訪問看護ステーションでの実習で構成されています。
今後は地域の人々の暮らしと健康を支え、地域をともに創っていくことのできる次世代の看護職の育成を継続し、地域共生社会の実現に寄与できることを目指していきます。

【修了者実績】
 平成30年度:7名
 平成29年度:7名
 平成28年度:3名
 平成27年度:7名(うち1名が、訪問看護師として就職)

本教育プログラムに関する詳細はこちら
写真

講習会・研修会の開催について

coming soon...