トップページ
講座について
教育活動
研究活動
スタッフ
トップページ > スタッフ
スタッフ
  • 公衆衛生看護学講座では主として下記のスタッフで講義・実習を担当します。
  • 下記のスタッフ以外にも多くの非常勤講師の先生に多様な講義・実習を担当して頂いています。また、教務補佐の方には事務手続き等の補助をお願いしています。
  • 大学院生および、学部の卒業研究のゼミ生が本講座で研究活動を行っています。
写真

教授 伊藤 美樹子 PHN, RN, Ph.D.(保健学)

主な研究テーマ
障害病児・者の長期生活予後や有効なライフスキルに関する研究、要介護高齢者と介護家族の共生や地域療養を支えるサポートや体制などに興味があります。薬害HIVやてんかんをもつ患者さん、超高齢者の終末期医療の研究にも取り組んできました。
Keyword
long-term prognosis, empowerment, life skill, stigma, caregiver burden
一言メッセージ
研究する楽しさとやりがいを伝えたいです。マウスのないパソコンが苦手です。

講師 坂東 春美 PHN, RN, Ph.D.(保健学)

主な研究テーマ
私のこれまでの研究は,健康な状態を困難にしているリスクファクターを見つけ出し改善することを重視した研究を行ってきました。現在は,困難な状況下にありながらもうまく対処をしている例外的な成功者の解決手法に着目するPositive Deviance Approachを採用した研究をすすめています。
Keyword
positive deviance, secondary data analysis, health education, health behaviour, second-hand smoke, public health nursing
一言メッセージ
Don’t think. FEEL!

講師 輿水 めぐみ

主な研究テーマ
地域高齢者の介護予防に関する研究、在宅療養児・者とその家族への療養支援に関する研究、在宅看取りを支える地域づくりに関する研究、訪問看護師を育成する教育プログラムの開発に関する研究に関心があります。
Keyword
preventive care, home care service, end-of-life care, visiting nurses, education
一言メッセージ
看護師、保健師、養護教諭の頃にお世話になった皆様から贈っていただいたメッセージを次代を担う学生に届けたいと思っています。

助教 水谷 真由美 RN, PHN, Ph.D.(看護学)

主な研究テーマ
1.インドネシアの成人の生活習慣とその個人・社会的要因
2.開発途上国の生活習慣病予防・健康増進
Keyword
international cooperation, health promotion, non-communicable diseases, Indonesia
一言メッセージ
看護学の学びを通して、新たな世界が広がると感じる毎日です。

特任助教 平 和也 RN,PHN,MSN (保健学)

主な研究テーマ
1.在宅で介護をしている家族における自記式うつ尺度の回答特性について
2.訪問看護入浴の現状把握調査
Keyword
self-reported depression scale,Home-visit Bathing Service
一言メッセージ
『住み慣れた地域で健康で過ごす』という生活を守るために、地域と医療と介護の架け橋になる保健師という仕事の難しさ、面白さを伝えていきたいです。

特任助教 清水 奈穂美 RN,MSN (看護学)

主な研究テーマ
在宅栄養管理に関する研究、在宅高齢者の終末期栄養療法の選択や食べることを支える訪問看護師の看護実践に関する研究、フレイル予防につなげる医療と介護の多職種連携に関する研究に取り組んでいます。
Keyword
home nutrition care, home care nursing, artificial nutrition and hydration, end-of-life care, older adults, frailty
一言メッセージ
「食べること」への支援を通して、訪問看護の魅力を伝えていきたいです。